英会話教室とオンライン英会話って何が違うの?料金とレッスン内容を徹底的に比較してみた!

英会話教室とオンライン英会話って何が違うの?料金とレッスン内容を徹底的に比較してみた!

英会話を独学で学ぶって、なかなか出来ることじゃないですよね・・。なにせ英会話を行うには「相手」が必要なわけで、必然的に一人での学習に適しているジャンルではありません。そうなると何かしらの学習サービスを検討する必要があるわけですが、現状英会話を学ぶには、

  • 英会話教室(スクール)
  • オンライン英会話

この2つの選択肢があると思います。ただどちらのサービスが良いのか、迷ってしまいがちで、

  • やっぱり実際に対面できる英会話教室の方が良いのかな・・
  • でも英会話教室はお金が結構かかるし、毎回行くのはちょっと手間だし
  • でもでも、オンラインで学ぶってどうなの?あー、誰か助けて!!

このようになってしまうのが一般的。そしてそのお気持ち、筆者はとてもよく分かります。実は筆者も、英会話を習得したい人間の一人でして、今まで色々なサービスを体験してきたので、両者の違いについてかなり詳しく分かってるんです!

そしてその経験を踏まえた上で、この記事では皆さんの「英会話教室とオンライン英会話、どっちが良いのか」このような疑問に対して、分かりやすく解説していきます。英会話学習サービスを検討している方は要チェックですよ!

遊星吹き出し
Yusei

今までの英会話学習は、実店舗のスクール形式が主流だった。しかし現在は、新たにオンライン英会話という選択肢があるので、この記事を通じて皆さんに両者の特徴を知ってもらえれば幸いだ。では、早速はじめていこう。

結局、英会話教室とオンライン英会話どっちが良いの?

まず始めに、英会話教室とオンライン英会話の概要についてザックリ解説しておきたいと思います。英会話教室についてはなんとなく分かると思いますが、オンライン英会話は漠然としたイメージしか持っていない方が多いと思うので、両者についてよく知らない方は欠かさずに確認しておきましょう。

昔ながらの英会話教室、今話題のオンライン英会話・・

両者を大雑把に大別すると、英会話教室は昔ながらの「習い事」のような色が強く、特定の場所にお店を構えているので、そこにサービス利用者が学習しにいくサービスのことです。レッスン体系は集団・グループレッスン(数人程度)・マンツーマンの2つに分けられ、マンツーマンになると当然価格が上がります。

一方オンライン英会話は、タブレットやPCを利用して講師とビデオ通話を繋いで学習を行うサービスで、必要なデバイスとネット環境さえあれば自宅でも学習できる点が特徴的なサービスです。レッスン体系はマンツーマン、にも関わらずサービス料金の圧倒的な安さが魅力だと言えます。

どっちが良いのか迷いがち

というのが両者サービスの概要になりますが、結局のところ、

遊星吹き出し
Yusei

手軽に安く済むならオンライン英会話がいいけど、オンラインってなんとなく不安な気がする・・

というのが、両者を迷わせている不安の正体ではないでしょうか?そしてこの不安については、筆者ももちろん共感できます。

だって、やっぱり習い事って何処かに行って専門家に直接指導を仰ぐっていうのが普通じゃないですか?指導者が目の前にいた方が何かあっても頼れますし、色々と質問もしたい。となると、やっぱりオンラインってのは微妙なのでは?

って思うのが普通なのです。

シンプルに「料金・レッスン内容」で比較してみよう

しかし一方で、この不安はオンライン英会話について詳細に知らないからこそ生じる不安であることも事実です。実際、オンライン英会話サービスをいくつも体験し、身を以て経験してきた筆者は、オンライン英会話に対する漠然とした不安は今や持っていません。

ということで、次の章から両者の詳細な比較を行っていくわけなのですが、ゴチャゴチャと分かりにくい比較になるのを防ぐために、この記事ではシンプルに、

  • 料金
  • レッスン内容

この2つの観点を通じて、比較を行っていきます。次の章を読み終わる頃には、皆さんの疑問・不安が綺麗さっぱり吹き飛んでいること間違いなしなので、目を通してみてください!

英会話教室とオンライン英会話の違いを2つの観点で徹底比較

勉強する男性

ではここからは、英会話教室とオンライン英会話の違いについて、料金とレッスン内容という2つの観点から徹底的に比較していきます。

料金で比較

まず最初に、両者を料金で比較していきましょう。まず皆さんに知っておいてもらいたいのは、そもそも英会話教室とオンライン英会話では、用意されているプランが全然違うということです。詳細は以下をチェック。

英会話教室
週1〜2回のレッスンで月額・半年分・1年分の料金を支払うのが一般的
オンライン英会話
1ヶ月毎日1度のレッスンを受けられる「毎日プラン」を月額で支払うのが一般的

英会話教室の方は、みなさんの中の「習い事」のイメージと合致するもので、割と馴染みのあるプランですよね?一方オンライン英会話の方はというと、かなり驚かれた方もいらっしゃると思います。

だって、英会話のレッスンが毎日受講できる「毎日プラン」がスタンダードなわけですからね。スタンダードというか、毎日プランしか用意していないサービスも多いため、「週に何回」と決めたりしなくて良いのが嬉しいです。

さて、両者のプランの詳細について知れたところで、具体的な両者のプラン料金について見ていきましょう。以下の表で、英会話教室とオンライン英会話の最大手である、

  • ECC外語学院
  • DMM英会話

以上2つの「レッスン1回あたりの料金」を紹介しているので、チェックしてみましょう。なお、両者の1レッスンあたりの料金を比較する上で、色々と条件が異なってしまうので、より平等な比較とするために、

マンツーマンレッスンの料金で比較
オンライン英会話はマンツーマンが基本なので、英会話教室もマンツーマンの料金で比較
レッスン時間25分あたりの料金で比較
オンライン英会話は1回25分のレッスンが基本なので、英会話教室も25分に換算した料金で比較
オンライン英会話は毎日プランを15で割った料金で比較
オンライン英会話は毎日プランが基本なので、2日に1度レッスンを受講(1ヶ月で15回)する前提で比較

以上3つの条件を独自に用意させていただきました。その結果が以下のとおりです。

サービス名 1レッスン25分の料金
ECC外語学院 5,231円
DMM英会話 326円

※ECC外語学院(英会話教室)は入学金や教材費が更に必要なので、実質的な料金はもう少し高くなります。オンライン英会話は、入会費・教材費無料が一般的です。

まあ、比較するまでもないですよね・・(笑)DMM英会話の安さが圧倒的すぎる。

この料金の内訳ですが、ECC外語学院は1回80分のマンツーマンレッスンが最安で「16,740円」と公式サイトに記載されています。これを25分換算したのが上記の「5,231円」という金額です。

そしてDMM英会話ですが、先述した1ヶ月毎日受講できる毎日プランが月額「6,480円」なので、これを15で割って326円ということになっています。もちろん、月15回が20回・25回・30回(毎日)と増えていくに従って、どんどんコスパは良くなっていきますし、逆もまた然り。月額料金で取られるので、たくさん受講した方がお得ってことですね。

なお、2日に1回受講すれば「1レッスン326円」にて受講できるDMM英会話を筆者がレビューした記事がこちらになるので、気になる方はチェックしてみてください!

DMM英会話の口コミや評判はホント?実際に契約して体験レビューをご紹介!

2019.01.15
遊星吹き出し
Yusei

毎日25分のレッスンを1度だけだと物足りない方もいらっしゃるだろうか?そんな方に向けて、オンライン英会話は1日に複数回のレッスンを受講できるプランも用意している場合が多い。この場合、1日あたりのレッスン回数が増えるほど、月額料金はお得になる傾向にあるので、短期でガッツリ取り組む場合には1日複数回プランがおすすめだ。

オンライン英会話がここまで安い理由とは?

以上のように、オンライン英会話は「圧倒的に」という表現が適当なくらい、英会話教室よりも料金が安いわけですが、ここまで安いと「何か裏があるのでは?」と勘繰ってしまうのが人情ってもの。そしてこの安さを読み解くキーワードは「人件費」に他なりません。

英会話学習のようなサービスの場合、企業としてかかる出費の大半は人件費によるものです。そして英会話教室では、ネイティブ圏の人材を採用することで、質の高い英会話学習を提供しているわけですが、オンライン英会話はフィリピンの方々を現地でリクルートし、現地で教育・研修を行い先生として採用、結果的に人件費を抑えたサービス運営を実現しています。

フィリピンは過去にアメリカに実質統治されていた時代があり、その際にアメリカ英語が民間レベルで浸透したため、公用語としてフィリピン語に加え英語が採用されてもいて、要するに、

  • 人件費が安い
  • 国全体で英語レベルが高い

フィリピンの方々のこのような特徴に目をつけ、現在の格安オンライン英会話が実現した・・、これがオンライン英会話の安さの理由となっています。

遊星吹き出し
Yusei

「人件費が安い」というと印象が悪い感じもあるが、彼らにとっては現地の職やアルバイトに就労するよりもサラリーが良いため、オンライン英会話の講師は人気があるという話を講師の方々から聞いたことがある。まさにWin-Winなサービス、それがオンライン英会話ということだ!

「安い=講師の質が悪い」というわけではない

オンライン英会話の安さの理由を明らかにしましたが、ここで1つ勘違いして欲しくないのは、

「人件費が安い = 講師の英語教育の質が悪い」

ということではないということです。人件費が安いというのは、あくまでフィリピンという国が発展途上にある国で、物価や平均賃金などの経済的な理由で人件費が安くなっているからに過ぎず、人材として「デキるかどうか」は全く関係がありませんからね。

実際、筆者が経験してきたフィリピン人講師の方々は、

遊星吹き出し
Yusei

もしこの人が日本人だったら、良い会社でめっちゃ出世するんだろうなー

って人が本当に多くて、日本の英会話教室で働いていても全然不思議じゃない人もたくさんいらっしゃります。これに加え、フィリピンの方々の国民性が、

  • 楽天的
  • 社交的

こんな感じで、基本スペックが「コミュ力高い」人たちばっかりなんです。さらにさらに、特に現地の20代・30代の比較的若い方々は、日本のアニメやマンガに子供の頃から触れてくれているため、日本の文化に対して強い受容性と興味を持ってくれています。中には日本語を少し話せる人もいらっしゃるほどです。

以上のことを考えると、「安いからといって質が悪いというわけではない」ということが分かってくれるでしょうか?ゆえに、あくまで筆者の個人的見解にはなりますが、コスパの面で言えば圧倒的にオンライン英会話の方が良いので、お金にこだわりながら英会話を学びたいという方にはオンライン英会話を強くおすすめします。

一方で、フィリピン人講師の唯一懸念すべき点が「なまり」についてなんです。東南アジアの英語は非常に独特で、中には強いなまりを話す方もいるにはいます。しかし、大半の方は英会話を学ぶ上で支障が出ない範囲なので、それほど心配する必要はありませんよ!

日常英会話を学ぶ程度なら全然問題なくて、より正確なビジネス英会話を学ぶとなると、ちょっと考えた方が良いかも・・、ってレベル。しかし、オンライン英会話の中には「ビジネス経験者しか採用しない」というビジネス英会話特化型のサービスもあったりするので、ビジネス面での英語力を向上させたい場合にはこういったサービスがおすすめ。ビジネス特化型オンライン英会話をレビューした、以下のレビュー記事をチェックしてみてください!

【オンライン英会話】Bizmates(ビズメイツ)の口コミや評判はホント?実際に契約して体験レビューをご紹介!

2019.07.02
遊星吹き出し
Yusei

なお、講師の質を担保するために、英語を母国語としない人間に英語を指導する資格「TESOL」の取得を義務付けているサービスもある。他にも外国人講師の質を高めるために、各社工夫を凝らしてアピールしているので、こういった目線でもサービスを比較してみると良いぞ。

「レッスン内容」で比較

さて、以上のように、英会話教室とオンライン英会話を料金で比較した結果、圧倒的にオンライン英会話に軍配が上がることが分かりますよね?

そして次に比較するのは、授業・レッスン内容になります。皆さんは、ある程度英会話教室のレッスンはイメージできるかもしれませんが、オンライン英会話についてはなかなか具体的なイメージをするのが難しいはず。

というわけで、オンライン英会話のレッスン内容を解説しながら、両者のサービスを比較していこうと思います。

まずオンライン英会話の概要を理解するために、筆者が普段やっているレッスンの流れをザックリまとめてみました。

1:講師を予約する
講師プロフィールをチェックして、自分に合いそうな講師を特定の時間帯で予約する
2:教材を一通りチェックしておく
予約段階で使用教材を決めておくことが一般的なので、少しだけ予習しておく
3:25分レッスンを受ける
時間になると講師からSkypeなどのコールがかかってくるので、レッスン開始
4:講師のフィードバックで復習する
レッスン後は講師によりフィードバック(アドバイス)がされるので、サイト上で確認、復習する

もちろんサービスにより多少は異なりますが、オンライン英会話の一般的な流れはこんな感じ。実際の画像を用いて詳細に解説していくと、

DMM英会話のマイページ

これが筆者が利用しているDMM英会話のマイページ。右下の方に講師の方々が映っていますが、もちろん映っている3人だけでなく、色々な方のプロフィールをチェックすることが可能です。

DMM英会話の講師プロフィール

そしてプロフィールはこのように表示され、顔写真や趣味など、簡単なものを一目でチェックすることができます。ここには映っていませんが、Youtubeに紹介動画を載せている場合もあるので、ここでなまりの有無などを確認することも可能です。

DMM英会話はプロフィール欄がちょっと弱く、他のサービスだとものすごく詳細にプロフィールが記載されてあったり、中には日本人スタッフからの日本語による紹介コメントを載せていたりする場合もあるので、「講師の選びやすさ」という観点でオンライン英会話を選ぶのも大事だったりします。

と、ちょっと話が逸れましたが、講師を選んだら教材のチェックを行います。予習はしないのが普通かもしれませんが、筆者の場合はより学習効率を上げるためにも、予習はしっかり行うようにしてるって感じです。

教材・テキストはどのサービスでも無料で使用することができて、DMM英会話の場合は、

DMM英会話テキストその1

このような、お互いに役回りを演じる簡単な教材から、

DMM英会話テキストその3

このような、文法を学ぶ上で役に立つ穴埋め問題もあったり、

DMM英会話テキストその4

さらにはお互いの主張をぶつけ合う、ディスカッションを行うパートもあったりして、無料ながらも十分すぎる量・質の教材を使用して、レッスンを進めていきます。もちろん、教材を使用しない「フリートーク形式」でのレッスンも予約段階で選択することができるので(サービスによります)、この辺は好みですね。

そしてレッスンが終わると、最後に講師からのフィードバックがマイページにされているので、それをチェックして終わり!・・、ってのが一般的な流れになります。

やや長くなってしまいましたが、以上がオンライン英会話のレッスン内容になるので、頭に入れておいてください。

どちらにも長所と短所が存在する

さて、オンライン英会話の概要について紹介してきましたが、ここからはこの記事の本題である両者のレッスン内容の比較を行なっていきます。

簡潔で分かりやすくするために、両者のレッスン内容の長所と短所についてまとめてみました。

【英会話教室】

・長所

  • 実際に対面してレッスンを行うため、本番に近い状態で英会話を学べる
  • ネイティブ講師の流暢な英語を学べる
  • 日本人講師や日本人スタッフに気軽に日本語で相談・質問できる

・短所

  • 回数制限があるので、プレッシャーを感じることがある
  • 最低週1回レッスンなので、予習や復習をしなければ上達しない
  • 集団レッスンにするとある程度の積極性が必要になる

【オンライン英会話】

・長所

  • 毎日レッスンを受けられるので、学習ではなく「慣れ」でマスターしていける
  • 講師が豊富にいるので、自分に合った講師をチョイスできる
  • 日本語が使えないため、英語と向き合う環境で学習できる

・短所

  • お気に入りの講師を毎回予約できるとは限らない
  • 日本語が全く通用しないため、特に初心者は質問をすることすら難しい
  • 対面ではなく通話なので、微妙なニュアンスが伝わりにくい
  • 対面ではなく通話なので、実際の会話の臨場感・緊張感を感じにくい
  • 純ネイティブではない講師が多いので、正確な英会話を学びにくい

両者の長所・短所はそれぞれこんな感じになります。英会話教室の方は皆さんの想像通りの長所で、短所については欠点というより、結局のところ「自分の努力が必要になる」という点がそのまま短所になる・・、ってイメージですね。

結局、いくら相手がネイティブだからといって、学べるのは1週間の間のたった1日、それも1時間半程度なんですよね。英会話は知識よりも慣れが必要になるものなので、週1日しかレッスンを受けられないというのは、オンライン英会話と比べてやや見劣りしてしまいます。

一方で、レッスン内容の短所の数で言ったら、間違いなくオンライン英会話の方が多いのもまた事実。たとえ自分に合った講師を見つけたとしても、その講師が毎日予約を受け付けているとは限りませんし、自分の都合の良い時間に空いているかどうかも分かりませんし。

また、個人的な最大の欠点が「質問をしにくい」という点についてですね。先述のように、オンライン英会話は自分と講師の2人しかおらず、当然ほとんどの講師は日本語が全く使えません。

このような状態になると、分からない英語を英語で伝える、というハメになり、最終的には「分からない英語を質問するための英語が分からない」といった結論に達します。こうなるともう詰みで、「OK」といって乗り切るしかありません。まあ、慣れてくれば積極的に質問ができるようになるので、ここは慣れるしかないですね。

他にも、通話によるレッスンなので、本来なら表情や生声の僅かな音の高低で表現するニュアンスが伝わらなかったり、実際の会話の緊張感を得られなかったり・・、といった、オンラインレッスンならではの短所もあったりします。

対面することで「総合的な英会話力」が磨けるのは英会話教室ならでは

さて、それぞれのサービスの長所・短所をご紹介してきましたが、やはりレッスン内容では英会話教室に軍配が上がります。会話とは、実際に対面して行うことが最もポピュラーですから、同様のシチュエーションで学べる英会話教室の方が優れているのは当たり前ではありますけどね。

また、単純な英会話力の他にも、ボディランゲージなど「総合的な英会話力」についても学べますから、やっぱり英会話教室は魅力的ですよね!

このように、それぞれのサービスで「出来ること・出来ないこと」を考えた上で、自分のニーズに合っているサービスを選んでみましょう!

遊星吹き出し
Yusei

オンライン英会話にはレッスン内容に関する多くの短所があるが、個人的には全て許容できる範囲のものだ。毎日レッスンが受けられるのは間違いなく大きな長所だし、何より安さが魅力的過ぎる。正直、英語を使ってコミュニケーションを取ることが筆者の一番の目的なので、筆者はオンライン英会話で満足できているぞ。

経験者が語るオンライン英会話をおすすめできる人とは?

パソコンで学習する男性

というわけで、英会話教室とオンライン英会話の違いを比較してきましたが、どちらが良いのかイマイチはっきりしないという方も多いのではないでしょうか?

というわけでこの記事の最後に、オンライン英会話経験者目線で「オンライン英会話をおすすめ出来る人」についてまとめてみたので、順番にチェックしてみてください。

英語に対するモチベーションが高い人

オンライン英会話を最もおすすめ出来る人は、ズバリ「英語に対するモチベーションが高い人」になります!

その理由は両者の「強制力の差」にありまして、例えば英会話教室は、自主的学習というよりは「学校」的な雰囲気がある通学制のサービスなので、「行かなければいけない」という強制力があるんですよね。集団なら5,000円以上、マンツーマンなら1万円以上のレッスン価格ですから、ドタキャンするのもよっぽどのメンタルがない限り無理でしょう。

一方で、オンライン英会話はそこまでの強制力がありません。プラン自体が毎日プランがスタンダードであり、雑に言えば「受講してもしなくても料金は変わらない」んですよね。

だからこそ、「ちょっと今日はサボるか・・」といった心理に陥りやすく、結果的に1ヶ月で何も学習できなかった・・、なんてことにもなってしまいかもしれません。

ゆえに、オンライン英会話を上手に活用していくには、まず前提として「英語へのモチベーション」が不可欠ってわけです。これがないと絶対どこかで心が折れて、途中からパッタリ辞めてしまいますからね。

逆に言えば、自己管理がある程度できて、英語へのモチベーションが高い方には、これほど素晴らしいサービスはないでしょう。毎日25分間、準ネイティブの講師とコミュニケーションを取ったとしても、1レッスン数百円で受講できてしまうわけですからね。

遊星吹き出し
Yusei

モチベーションが大事と言っても、最初から飛ばしすぎるのはNGだ。筆者も最初は毎日キッチリレッスンを受講していたのだが、続けていくうちに疲れてきて、ある日を境にモチベーションが空っぽになってしまった経験がある。毎日プランではあるが、2日に1回コツコツ頑張る、といったような無理のない努力が意外と大切だ。

毎日英語を使ってコミュニケーションを取りたい人

あくまで個人的な考えですが、言語学習、特に「話せるようになる」という目的の会話学習には、知識のインプットではなく、とにかく場数を踏むことによる「慣れ」が重要であると考えています。

何しろ、私たちが母国語の日本語を話すに至るまで、一切勉強を行って来なくても勝手に話せるようになってきてますからね。赤ちゃんの頃に周囲の日本語をとにかく聴きまくって、無我夢中で発声練習をしていた結果ネイティブになれるのですから、第二言語だとしてもこれは同じこと。

そして、「慣れ・経験」という意味では、カリキュラムに沿った週に1度のレッスンを行うよりも、毎日、もしくは2日に1回のレッスンの方が効果的であることは、誰の目にも明らかだと思います。

確かに、レッスンの質は多少英会話教室に劣るかもしれません。しかし、それを補って余りあるほどの「経験」を積めるわけですから、「毎日英語を使ってコミュニケーションを取れる」という点に魅力を感じる受講者がいてもおかしくないでしょう。

筆者の周りにも、オンライン英会話出身で英語ペラペラの人は数多くいらっしゃりますから、ガンガン経験を積んで英会話をマスターしちゃいましょう!

お金をかけずに英語が話せるようになりたい人

あまりお金のことをクドクドと言いたくはないですが、オンライン英会話について言及する上で、「安さ」は避けては通れない部分です。

何しろ、両者の相場は半分とか1/4とか、そんなレベルではないですからね。1/10でもおさまらず、1/20程度の金額で1レッスン受講できるわけですから、そりゃオンライン英会話を勧めたくもなっちゃいます。

人によっては「お金よりもレッスン内容を大事にしたい」という方もいると思いますが、そういう方は素直に月額10万円程度支払って、マンツーマンのレッスンを週2回ほど受講すればいいと思います。

一方で、筆者のように英会話学習にそれほどお金をかけられない人間もいるのが事実であり、「月額1〜2万円程度なら出せるかな」という場合には、素直にオンライン英会話がおすすめですね。

やる気さえあればグングン上達していける、それがオンライン英会話ですから、お金を節約しながら上手に英会話をマスターしてみましょう!

遊星吹き出し
Yusei

よく勘違いされるのだが、オンライン英会話は英会話教室の劣化版では断じてない。どちらにも良さがあり、自分のニーズに合った方を選ぶことが何よりも大事だ。いくつものオンライン英会話を利用してきた筆者目線でおすすめサービスをランキングした、以下の記事も合わせてチェックしてみてくれ。

【手軽に英会話学習】コスパで選ぶおすすめオンライン英会話サービスBEST20

2019.08.14

まとめ

というわけで、この記事では英会話教室とオンライン英会話の違いについて解説してきましたが、いかがでしたか?自分にあったサービスを選んで、英語ペラペラを目指してみましょう!

特にオンライン英会話は初心者に対して優しく、どこのサービスも無料体験レッスンを1〜2回用意していることがほとんど。サービス選びに悩んでいる方は、無料体験で比較してみるのもアリだと思います!

この記事が、皆さんのお役に立てれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です