【手軽に英会話学習】コスパで選ぶおすすめオンライン英会話サービスBEST20

【手軽に英会話学習】コスパで選ぶおすすめオンライン英会話サービスBEST20

英語が喋れるって、ものすごーく憧れちゃいますよね・・。外国の方とコミュニケーションを取るの楽しそうだし、スムーズに話せたらカッコ良いし。あとは英語が話せるだけで進学や就職に超有利だし、「英会話話せるようになりたいな!」という方はかなり多いのではないでしょうか?

しかし、現実はなかなか厳しく、まず英会話は独学だとちょい厳しい。そもそも相手がいないと成立しないのが英会話ですしね・・。じゃあ英会話スクールに通う?いやいや、お金かかるしちょっと抵抗あるなぁ。と、このような具合に、ほとんどの方が英会話に憧れるだけ憧れて、夢半ばで挫折してしまうってのがこれまでのスタンダードでした。

でもでも、今の時代はネットという文明の利器を使用した「オンライン英会話」なるサービスが存在しており、このサービスを利用すれば様々なメリットを享受しつつ、楽しく英会話を学ぶことが可能なのです!この記事をご覧になってくれている方も、「オンラインならなんとなく続きそう」という考えをお持ちだと思います。

そこでこの記事では、今話題のオンライン英会話サービスのうち、魅力的なおすすめのものをランキング形式でご紹介していきます!

遊星吹き出し
Yusei

改めて、Hello everyone!当サイトライターのYuseiです。私はこれまで数多あるオンライン英会話サービスを体験しまくってきた。その中で培った経験から、この記事ではおすすめのサービスをランキング形式にまとめてみたので、英語が話せるようになりたい方は要チェックだ。

時代は英会話スクールよりオンライン英会話!

冒頭でもお伝えしましたが、現在オンライン英会話が破竹の勢いで国内の英会話市場を席巻しつつあります。今まで英会話と言えば街の英会話スクールというのがスタンダードであり、それゆえ価格競争もそれほど行われておりませんでしたが、オンライン英会話の台頭により状況が一変!

今では、オンライン英会話がスタンダードになりつつあるほどですが、どうしてここまでオンライン英会話が支持されているのでしょうか?

英会話スクールにはないオンライン英会話だけのメリット

オンライン英会話が支持されている理由には、

  • 利用料金が安い
  • 手軽
  • 効率が良い

以上3つの理由があると個人的に考えています。それぞれ欠かせないメリットになるので、気になる方はチェックしておきましょう!

利用料金が安い

まず最大のメリットが「安い」という点になります。ここについてはゴチャゴチャ言うよりも、実際の価格を見た方が分かりやすいので、以下の表を見てみましょう。

名称 価格(レッスン時間) 25分あたりの料金
DMM英会話 5,980円(1日1回・25分で30日) 193円
ECC 16,740円(80分) 5,231円
イーオン 7,800円(40分) 4,875円
ノバ 5,000円(40分) 3,125円
ベルリッツ 7,660円(40分) 4,787円

以上の表は、オンライン英会話大手、DMM英会話の「一ヶ月あたりの料金」と、実店舗型英会話スクールの「レッスン一回あたりの料金」の比較です。DMM英会話を始めとしたほとんどのオンライン英会話サービスは、「1日1レッスン25分」で1ヶ月受講し放題のプランをスタンダードプランとして用意しています。毎日受講すればするほどお得ってイメージですね。

分かりやすいように、表の一番右に「25分あたりの料金」という形で単位を揃えて計算していますが・・、他の実店舗型英会話スクールが「数千円」という価格なのに対し、DMM英会話は「193円」という、ちょっと意味がわからない価格を叩き出していることが分かりますよね?

ちょっと分かりにくいかもですが、例えば英会話スクール大手のECCでは、80分で16,740円、25分あたり4,875円の料金が発生するのですが、DMM英会話では1レッスン25分が193円で受講できるってことですね。

一点注意して欲しいのは、DMM英会話は1ヶ月、1日1回のレッスンを受講した前提での料金となっている、要するに「日割りの料金となっている」点ですが、単純に2日に1回でも400円弱の計算ですから、これでようやく各社1回分のレッスンの1/10です。

このように、オンライン英会話と英会話スクールの価格差は「圧倒的」という表現をせざるを得ないほど、大きな差があるわけです。この差をどう捉えるかはそれぞれのお財布事情に依存するとは思いますが、ほとんどの方がオンライン英会話に魅力を感じてしまうのではないでしょうか?

遊星吹き出し
Yusei

オンライン英会話がここまで安い理由は人件費にある。ほぼ全てのオンライン英会話ではフィリピン人を講師として採用し、人件費を大幅に削減することに成功しているのだ。この点については賛否あるかもしれないが、筆者の私見を後述しているので、ぜひチェックしてみて欲しい。

手軽

さて、最初に最も分かりやすいメリットとして料金の差を紹介しましたが、手軽さという点も忘れてはいけないメリットです。

当たり前の話ですが、実店舗型の英会話スクールの場合だと、実際の店舗まで足を運ばなければいけません。これを面倒に感じるかはそれぞれですが、家でゴロゴロしていることに最上の喜びを見出す筆者のような人間にとっては、ちょっと面倒に感じてしまう。

また、日々の仕事に忙しい会社員の方、あるいは家事・育児に追われているお母様方にとって、マンツーマンレッスンをしに英会話教室へと足を運ぶのは、ハードルが高い感も否めません。

しかし、オンライン英会話は自宅にいながら手持ちの、

  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン

これらを用いてレッスンを受講するため、外に出ずにレッスンが完結するのです!もちろん、ネット回線なども必要にはなりますが、必要なものさえ自分で揃えれば、あとは毎日自宅でレッスンをエンジョイ!

英会話は継続が重要ですが、毎日自宅でレッスンを受講すれば英会話スクールに勝るとも劣らない効果を発揮してくれること間違いなしですよ!

遊星吹き出し
Yusei

オンライン英会話では、自前のWebサービスを用いてレッスンを行うパターンと、Skypeを用いてレッスンを行うパターンの2パターンに分けられる。Skypeを利用しているサービスはWeb開発費を削減しているので、総じて月額料金が抑えられているぞ。

効率が良い

オンライン英会話であまり言及されないメリットが、学習効率が良いという点になります。英会話学習に限りませんが、「できるだけ早く上達したい」というのは万人の願いですよね?

そしてオンライン英会話は「安い代わりに学習効率は悪い」と思われがちですが、様々なサービスを利用してきた筆者に言わせれば、これは誤り。オンライン英会話も使いようによっては、十分学習効率をあげることが可能だと思っていて、英会話スクールさえしのぐ可能性すら否定できません。

というのも、結局英会話って「話せば上達する」ものなんですよね。例えば、難解な数学の勉強は、どれだけ勉強時間を確保しても基礎から着々と積み上げていかないと上達するはずもありません。足し算引き算ができない子供に、どれほど掛け算割り算を指導しても理解できないのと同じように、です。

しかし、英会話は「言語」なので、赤ちゃんが誰にも教えられることなく、周囲の人間たちの言葉を聴いて「日本語会話」をマスターするように、私たちも経験を積めば「英会話」をマスターすることができます、絶対にできます。

そしてその「経験を積むこと」は、オンライン英会話の「毎日学習可能」という点と非常に相性が良いです。どのようなオンライン英会話サービスも、「1日1回」の利用を前提にしたプランを用意しており、それがスタンダードなプランなので、言語学習との親和性が非常に高いというわけなんですね。

イメージとしては、カリキュラムに則って段階的に積み上げていくのが実店舗型の英会話スクールなのに対し、とにかく圧倒的な経験を重ね続けて「話せば上達する」を実現していくのがオンライン英会話、こんなイメージ。

ゆえに、もちろん相応の努力は必要ですが、オンライン英会話サービスの利用で、実店舗型の英会話スクールより高い学習効率を叩き出すことも可能だと考えてOKです。

遊星吹き出し
Yusei

実店舗型の英会話スクールにももちろんメリットはあるが、どんなサービスでも「1日1回受講」は不可能だ。繰り返しにはなるが、言語学習は慣れ・経験が重要である。この一点では、どうしたってオンライン英会話に分があり、ゆえにオンライン英会話の学習効率が高い・・、という筆者の論理も、あながち間違ってはいないだろう。

オンライン英会話を選ぶ上で覚えておきたいポイント

オンライン英会話の3つのメリットを紹介してきましたが、オンライン英会話に俄然興味が湧いてきた方もいらっしゃると思います。

しかし、現在のオンライン英会話市場は混沌としており、皆さんの想像以上に各種サービスが乱立している状態です。このような状態だと、ドラッグストアで次に使うシャンプーを迷ってしまうように、どのオンライン英会話を利用すれば良いのか迷ってしまうこと間違いなしなので、様々なサービスを利用してきた筆者目線から、オンライン英会話選びのポイントを3つに絞って解説させていただきます。

1:価格とサービスのバランス

まず最初に重要なポイントが、価格とサービスのバランスです。先述したように、オンライン英会話は価格が最も分かりやすく大きな魅力であり、だからこそ各社の価格競争はとどまることを知りません。数千円から選ぶことができるので、迷ってしまうのも無理がないわけです。

しかし一点覚えておいて欲しいのが、英会話サービスは「安かろう悪かろう」があってはならないサービスである点になります。シャンプーを例にとってみれば分かりますが、シャンプーはある程度安い代わりに品質が落ちるのは許容できますよね?結局は「人体に悪影響がない」ものなら使えちゃいますし。

一方で、オンライン英会話の質が悪い、具体的には、

  • 講師の質が悪い
  • 教材の質が悪い
  • ユーザーサポートが充実してない

このようなことが起こると、学習を行うことが無意味になってしまう可能性すらあります。とにかく安さだけにこだわって選んだ結果、このような失敗をしてしまうのはあるあるです。

よって、価格だけにとらわれず、具体的にどのようなサービスを展開しているのか、講師の質はどうなのか、教材はどうなのか、という本質を見抜くことを心がけましょう。

遊星吹き出し
Yusei

オンライン英会話にも様々あって、料金が高い代わりに全講師がビジネス経験者だからこそ、ビジネス英会話をガッツリ学べる・・、なんてサービスもあったりする。大事なのは価格ではなく、自分の目的にあったサービスを選ぶことなので、これを忘れないように心がけよう。

2:レッスンのスタイル

オンライン英会話を選ぶ上で、まず価格とサービスのバランスを取ることが大事だということを解説してきましたが、レッスンのスタイルが自分に適したものなのかどうかを考慮することも大事です。

筆者は今までいくつものオンライン英会話を受講してきましたが、この経験から、オンライン英会話のレッスンは3つのスタイルに分類できることを実感しました。

フリートーク主体
知識よりとにかく慣れを重視。ガンガン話していきたい方におすすめ。
教材重視
知識を積み重ねる理論的な学習を重視。段階的に学んでいきたい方におすすめ。
生徒主体
フリートーク・教材どちらも対応していて、自由度の高さを重視。

具体的には以上3つ。多くはフリートークと教材の2択であり、個人的にはフリートークが好きでした。筆者はペラペラとは絶対に言えないくらいの英会話力ですが、ある程度の会話はできる状態だったので、とにかく場慣れがしたかったからです。

しかし、中には文法や単語をコツコツ積み重ねていきたい方もいると思うので、あくまで自分ならどちらが良いかを軸にして考えることが大事ですよ!

3:講師・教材の質

オンライン英会話選びの3つめのポイントが、ズバリ講師や教材の質になります。特に講師ですね、ここは非常に重要です。

先述したように、オンライン英会話の講師のほとんどは外国人講師としてフィリピン人を雇用しており、ここで人件費を大幅カットすることで低価格を実現しているのですが・・、やっぱりサービスとしての質が気になるところですよね?

同様に、この点を各種サービスもかなり懸念しているようで、各社の公式サイトにて講師の質が担保されていることが明言されていることがほとんど。

  • 有名大学在学者・卒業者しか採用しない
  • 合格率1%未満の厳しい採用試験を通過した人材のみ採用
  • 現地日本人スタッフによる研修済み

例を挙げるならこんな感じで、各社がこのようなことをやっている状態ですから、どんどん講師の質は上がってきているのが現実です。むしろこれくらいやらないと現状の市場で淘汰されてしまう水準まで達しているので、講師の質についてはそれほど心配する必要はありません。

一方で、フィリピン人特有の訛りについては確かにあって、特に講師として学生層を多く取り込んだ低価格を押し出したサービスになると、この傾向が強くなります。

しかし、全く聞き取れないほどの方には何度もレッスンを受講してきた筆者でも出くわしたことはないので、「こんなものか」程度で流せると思いますよ。また、フィリピン人のような「準ネイティブ」ではなく、ネイティブを用意したオンライン英会話サービスも存在しているので、次の章で紹介するランキングの中からそういったサービスを選んでみてはいかがでしょう?

遊星吹き出し
Yusei

各オンライン英会話サービスでは、講師の選び方・予約の取り方もかなり工夫がされている。予約段階から各講師の顔写真・詳細なプロフィールが確認できるのは当然で、サービスによっては音声や動画、さらには日本人スタッフによる簡単な講師紹介がされている場合もある。

オンライン英会話おすすめサービス20選

オンライン英会話の基礎的な知識についてザッと見てみたところで、ここからは数多くのサービスを体験してきた筆者目線で、おすすめなオンライン英会話サービスをランキング形式にてご紹介していきます!

どのサービスにも強みがありますから、あまりランキングにはこだわらず、自分に適したサービスを選んでいただければ嬉しいです!

遊星吹き出し
Yusei

なお、各サービスにて紹介している「月額料金」は、1ヶ月毎日1回レッスンを受けられるプランの料金を掲載している。よって、レッスン1回あたりの料金は、自分が1ヶ月に学べる回数で月額料金を割った金額になるぞ。30日フルに入れば1/30になる、スゴイコスパだ。

1位:DMM英会話

DMM英会話は業界No.1

引用:DMM英会話

サービス名 DMM英会話
会社名 合同会社DMM.com
月額料金 6,480円

DMM英会話は業界最大手といっても良いオンライン英会話サービスであり、個人的にも好感が持てたサービスでした。学生層の講師が多く、ノリが良い方の場合はフリートークでの受講がおすすめ。教材を用いての受講も可能なのですが、学生層は日本のカルチャーにも興味を示してくれるので、案外会話は盛り上がりますよ!

1レッスンが200円を切る価格の安さはどこのサイトでも紹介されている長所なので、ここでは実際にレッスンを受けた筆者しかわからないDMM英会話の強みをご紹介させていただきます。

「日本人講師」の存在が初心者にとって嬉しい

DMM英会話の強みはズバリ、日本人講師の存在です。当たり前の話ですが、オンライン英会話は隣に英語が話せる日本人スタッフはいませんし、相手も日本語がわからないので、質問も英語で表現しなければいけません。すると、その質問をどうやって英語で表現するのか分からないので、結局分からずじまいでなあなあにする・・、なんてことが慣れるまで頻発します。

しかし、相手が日本人の場合ですと、英会話の合間に「あ、すみません・・、〜なんですけど」なんて日本語で質問できるので、英会話初心者には本当に心強いんですよね!日本語が通じる安心感というか、これを持ちながらレッスンを受けられるので、場慣れしていない最初のうちは絶対助かりますよ。

もちろん、他サービスにも日本人講師は在籍しているのですが・・、結局日本人を雇うと人件費がかさむので、月額1万円のサービスで日本人講師がチラホラ・・ってレベルです。よって、この価格帯で日本人講師を用意してくれているのがあまりにもスゴすぎるってこと!

そして、英会話に慣れてきたら、アメリカ・イギリスの完全ネイティブ講師のレッスンを受けられる「プラスネイティブプラン(月額15,800円)」を受講すれば、もう完璧!日本人講師からネイティブ講師まで、幅広いニーズに応えられるからこそ、DMM英会話は多くのユーザーに選ばれ続けているのでしょう。

無料体験レッスンが2回分受講できるので、興味がある方はDMM英会話公式サイトを覗いてみましょう!113ヶ国の充実した講師陣が、あなたの挑戦を待っていますよ!

DMM英会話の口コミや評判はホント?実際に契約して体験レビューをご紹介!

2019.01.15

2位:Best Teacher

Best Teacherのトップ画面

引用:Best Teacher公式サイト

サービス名 Best Teacher
会社名 株式会社ベストティーチャー
月額料金 12,000円

英会話学習を行っている方は、大きく分けて、

  • とりあえず英語を話せるようになりたい
  • 実用的な英会話スキルを身につけたい

このような2つのパターンに分けられます。前者の場合はフリートークで即興性を磨くことが上達への近道ですが、後者の「実用的な英会話スキル」は理論的かつ多角的な学習が不可欠。特にビジネスシーンなどフォーマルな場で英語を使いたい場合、話すだけでなく書類作成のライティング、さらには専門的な英単語学習も必要になるでしょう。

そして、総合的な英語スキルを磨きたい場合、オンライン英会話ではなく英会話スクールに通わなければいけないと思っている方が多いのですが、こちらの「Best Teacher」というオンライン英会話は、ライティング・リスニング・スピーキング全てを効率的に学べるという、オンライン英会話としては最強の特徴を持っているのです!

ライティング・リスニング・スピーキング全てを完璧に

では具体的にどのようにスキルを磨くのかですが、ライティングが特にスゴイ。

Best Teacher無料体験の2回目の講師からの返信

こちらはBest Teacherを筆者が実際に利用した際の画面ですが、「自己紹介」というテーマに沿って自分で文章を作成し、その文章に対してチャット形式で講師の方が対応してくれるので、さながら外国の方とLINEをするような感覚で、ライティングスキルを磨くことができます。

Best Teacherの先生から返ってきたフィードバック

もちろん、ライティングレッスンが終わると、自分の文章を講師の方が削したスクリプトがマイページにて確認できるので、弱点を網羅的に学習可能(しかも添削理由の解説付き)。そしてこのスクリプトをそのまま用いてSKypeによる英会話レッスンが始まるので、ライティングで蓄積したスキルをスピーキング・リスニングでアウトプットできる流れが作られています。

このように、Best Teacherでは、話すことを学習できるのは当たり前で、さらにライティングという要素をそこに追加することで、さらに効率的な英会話学習を可能にしている、非常に優れたサービスです。

ライティングは自分のペースでじっくり英語を脳内で構築できるため、自分の身になりやすいというメリットがあります。正直に言うと、学習効率という点では全サービスの中でもNo.1だと感じているので、総合的な英語スキルを学びたい方には超おすすめ!

一方で、非常に多岐にわたるサービスを展開しているからか、相場の2倍近い料金となっている点は若干ネックかもしれません。ともあれ、体験はもちろん無料ですから、高品質なサービスを一度利用してみてください!

【オンライン英会話】Best Teacherの口コミや評判はホント?実際に契約して体験レビューをご紹介!

2019.03.04

3位:BIZMATES(ビズメイツ)

ビズメイツの会員登録の流れ、その1

引用:ビズメイツ公式サイト

サービス名 BIZMATES(ビズメイツ)
会社名 ビズメイツ株式会社
月額料金 11,000円

この記事をご覧になってくださっている方の中には、「ビジネス英会話」を学びたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?日常英会話とビジネス英会話は同じもののようで全然違うもので、これは日本語で考えてみれば理解できると思います。

普段友人と話すような雰囲気の日本語をビジネスの場に持ち込んだら、とんでもないことになりますからね。これは英語でも同じことなんです。

で、ビジネス英会話はオンライン英会話だとどうしても学びにくい現実があるのですが、数少ない実用的なサービスがこちらの「BIZMATES(ビズメイツ)」というサービス!オンライン英会話の中では非常に稀な「ビジネス英会話特化型」のサービスであり、教材を軸に理論的にレッスンを進めていく点が特徴的です。

ビジネス経験者だけを講師として採用

ビジネス特化型サービス、それがBIZMATESであることを紹介しましたが、「1万円超えって高くね?」と思われる方もいらっしゃると思います。しかしこれにはちゃんとした理由がありまして、ビジネス経験者しか講師として採用していないので、他サービスより人件費がかかっているからこそ、サービス料金が相場の2倍程度の価格となっているわけなんです。

5,000円前後の他社サービスでは、フィリピン在住の主婦や学生層をも講師として採用することにより、人件費の大幅カットに成功していますが、ビジネス特化型のBIZMATESではそうはいきません。ビジネス英会話を教えられるのはビジネス経験者だけですから、そういう意味で「高価格・高品質」なサービスだと言えるでしょう。

ビズメイツの講師プロフィール

サービス中の講師選択画面にも各講師のビジネス経験が紹介されており、これは他社サービスではお目にかかれないシステム。自分のニーズにあった経験者を指名できるので、単なるビジネス英会話だけでなく、学びたいジャンルに特化したビジネス英会話を学ぶことができます。

ちょっと価格が高いですが、実店舗型の英会話スクールのビジネス特化コースなら1回のレッスンでぶっ飛んでいく値段です。そう考えると1ヶ月で1万円程度なら、許容範囲だという方が多いと思います。もちろん無料体験も用意されていますから、ビジネス英会話を特に学びたい方には非常におすすめしたいサービスになります。

【オンライン英会話】Bizmates(ビズメイツ)の口コミや評判はホント?実際に契約して体験レビューをご紹介!

2019.07.02

4位:レアジョブ英会話

レアジョブ公式サイトメイン画像

引用:レアジョブ公式サイト

サービス名 レアジョブ英会話
会社名 株式会社レアジョブ
月額料金 5,800円

オンライン英会話は比較的新しい市場であり、最近になってサービス開始に漕ぎ着けたものもいくつかあったりします。しかし、レアジョブ英会話は早いうちから業界に参入し、他社サービスと比較してノウハウが蓄積しているため、サービスの質は業界随一!

実際、顧客満足度No.1を獲得した実績もあるほどのサービスですが、レッスンのスタイルとしてはフリートークと教材、共に高い水準で実現しているため、顧客満足度No.1評価はダテではありません。

専用レッスンルームが魅力的

そんなレアジョブ英会話の魅力ですが、個人的には専用レッスンルームの存在が魅力的でした。レッスンルームとはネット上の擬似的なクラスのようなもので、このシステムを通じて先生の映像を確認したり、教材を確認したり、あるいはスペリングをチャットで確認したりします。

といっても少々分かりにくいと思うので、以下の実際の画面をご覧ください。

レアジョブチャットボックス中身

こちらが筆者が実際に受講した際のレアジョブのクラスルームになりますが、以下の3つの要素が1つの画面にレイアウトされています。

先生の映像
先生側の映像がリアルタイムで反映される
チャット
会話でスペルを伝えたい時、あるいは連絡事項がある時に使用
教材
レッスンで用いる教材を表示

どの要素も英会話学習においては不可欠なものであり、これらが過不足なくレイアウトされている点はユーザーからすれば嬉しいポイント。他サービスはSkypeで代用することが一般的ですが、やはり専用システムの方が使い勝手は格段に良いですからね。

このように、レアジョブ英会話ではユーザーが快適に学習できることを最優先に考えられているので、結果的にユーザー満足度1位を獲得しているわけです!

無料体験レッスン終了後には、日本人スタッフさんによる無料カウンセリングもついており、そこで英会話学習に関する悩みを聞いてもらうことも可能ですから、ハッキリ言って無料体験受けなきゃ損です。勧誘も全くなかったので、非常に良心的なサービスだと実感しましたよ!

レアジョブ英会話の口コミや評判はホント?実際に契約して体験レビューをご紹介!

2019.05.16

5位:QQ English

QQ Englishのサイトメイン写真

引用:QQ English公式サイト

サービス名 QQ English
会社名 株式会社QQ English
月額料金 4,980円

オンライン英会話で気になるのが講師の質ですよね?どれだけ良い教材を用意しても、結局教える人間が教育されていないとどうにもなりませんし・・。

こちらのQQ Englishは、フィリピンのセブ島にある現地施設にてオンライン英会話を運営しているため、他社サービスよりも講師の教育が徹底されています。

講師全員が「正規雇用」

このサービスで個人的に好感を持てる点が、講師全員を正規雇用している点です。つまり社員ということなので、アルバイトとして雇っている他社サービスよりもモチベーションや責任感という点では比べるまでもないですよね?

5,000円を切る価格の中でこれだけの講師の質を担保しているサービスは、他を見てもそうあることではありません。

QQEnglishの2回目のレッスン中画面

このように、専用のクラスルームもしっかり用意されており、低価格ながら高価格帯サービス内容を実践しているため、コスパという点では非常に大きな評価をすることができます。

QQ Englishは、オンライン英会話だけでなく、実際の留学に関するサービスも展開している「英語界の老舗」的な存在ですから、安心して英会話学習を行い方にはおすすめのサービスですよ!無料体験でレッツ英会話!

6位:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ

引用:ネイティブキャンプ公式サイト

サービス名 ネイティブキャンプ
会社名 株式会社ネイティブキャンプ
月額料金 5,950円

ネイティブキャンプもオンライン英会話市場では存在感を放っているサービスですが、このサービスの特徴は名前にもある通り「ネイティブ」にあります。

通常、5,000円前後の価格を強みとしてプッシュするサービスでは、人件費削減のためにフィリピンの方を講師として採用していることが多いですが、ネイティブキャンプはイギリスやアメリカなどの純ネイティブ講師も用意されているため、他サービスよりもネイティブ英語に触れたい方におすすめです。

25分という枠を撤廃!自由度高いレッスン体系が面白い

ネイティブ講師の在籍という特徴以外にも、「レッスンの柔軟性が高い」というポイントも忘れてはいけないメリットになります。

通常、他のオンライン英会話では1レッスン25分というのが一般化しており、ユーザーは25分間の時間を捻出しなければいけませんでした。まあ当たり前のことですが。

一方で、ネイティブキャンプでは25分という枠にとらわれず、例えば5分からでもレッスンを受けることが可能なのです!これがどのようなメリットをもたらすかと言えば、

  • 仕事の帰宅中
  • 子育てのスキマ時間
  • ちょっと暇な時間

こんな合間にレッスンを入れることができるようになるので、よりユーザーのニーズに合わせたレッスンを実現してくれます。雑に言えばネット環境と喋れる環境さえあればどこでもレッスンができるので、帰宅中の車の中でちょっとだけネイティブ講師と雑談する・・、なんてこともできちゃうかも?

このように、ネイティブキャンプはどこでもスマホ一台あればいつでもどこでもレッスンを受けられる、唯一のオンライン英会話だと言って良いでしょう。無料体験はなんと7日間も設けられているので、他サービスより太っ腹!ぜひ試してみてください!

ネイティブキャンプの評判や口コミって本当?実際に契約して体験レビューをご紹介!

2018.05.21

7位:mytutor(マイチューター)

mytutor公式サイト画像

引用:mytutor公式サイト

サービス名 mytutor
会社名 株式会社エー・エム・アイ・キャピタル
月額料金 15,980円

オンライン英会話を探している方の中には、

  • 英検
  • TOEIC
  • TOEFL

これら英語試験・英語資格の勉強に利用したいというニーズをお持ちの方もいるかもしれません。そんな方にオススメしたいのがこちらの「mytutor(マイチューター)」というサービスになります。

当サービスはオンライン英会話の中ではかなり珍しい「試験対策特化型」となっており、各種試験対策に特化したサービスを展開。万人におすすめできるサービスではありませんが、独学での試験勉強が厳しい、あるいはネイティブ講師の助言が欲しいなどの場合の利用が推奨されます。

また、講師全員を正規雇用している点も魅力的で、講師のモチベーション・責任感は他社より圧倒的に強いのも特徴です。その分価格は高くなってしまいますが、一考の余地はあるかもしれませんね。

8位:イングリッシュベル

イングリッシュベル公式サイト画像

引用:イングリッシュベル公式サイト

サービス名 イングリッシュベル
会社名 Access e-talk plus Inc
月額料金 14,580円
(20回プランと10回プランの合計金額)

こちらのイングリッシュベルというオンライン英会話サービスは、フィリピン現地に会社を有するグローバル企業が運営しています。現地に講師の方々が働くオフィスを設けており、全員を正規雇用しているかなりホワイトなサービス。

よって、レッスンの質自体は担保されているものの、人件費がかさむ結果、30回で14,580円というかなり高い金額となっています。この点をどう考えるかですが、一般的なオンライン英会話サービスでは講師は働いた分だけしかもらえないので、割と殺伐としている的なことをよく耳にするんですよね。

そういう意味では、正社員採用で毎月安定した給与をもらえるシステムでは、より安定したレッスンの質が担保されると言えます。その分各講師の競争が阻害されるデメリットもありますが、ユーザー側の「当たり外れ」という意味では、やはり正規雇用の方がメリットが大きそう。

よって、イングリッシュベルは、より質の高い講師とのマッチングを望んでいる方に強くおすすめしたいサービスですよ!

9位:エイゴックス

エイゴックス公式サイト画像

引用:エイゴックス公式サイト

サービス名 エイゴックス
会社名 株式会社シンプソン
月額料金 ・5,800円(フィリピン人講師のみ)
・15,800円(全講師対応)

エイゴックスは毎日プランの中にも、

  • フィリピン人講師のみ
  • 全国籍の講師

この2パターンのプランを用意している、かなり珍しいサービスです。前者のフィリピン人講師のみの場合、毎日1回で月額5,800円なので、オンライン英会話の相場とほぼ変わらないですね。

一方で全講師の講師を指名可能なサービスの方は、

  • フィリピン人講師
  • ネイティブ講師
  • 日本人講師

これら全ての講師を指名可能なので、この点は非常に魅力的ですよね!初心者の方は日本人講師を指名すれば安心ですし、上級者の方はネイティブ講師を指名してバリバリ話しまくることができるので、色々な方にマッチするサービスだと言えます。

上述しましたが、日本人講師のいる安心感は本当に英会話初心者にとって大きいことなので、最初はゆっくりマイペースでオンライン英会話にチャレンジしたいという方には、エイゴックスがとてもおすすめですよ!

10位:EFイングリッシュライブ

EF English Live公式サイト画像

引用:EFイングリッシュライブ公式サイト

サービス名 EFイングリッシュライブ/td>
会社名 イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社
月額料金 7,900円

EFイングリッシュライブはオンライン英会話の中でも最も歴史を持つサービスの1つで、1996年の創立からインターネットを通じた語学学習に力を入れてきました。オンライン英会話の先駆けといっても良い存在ですね。

日本ではなく海外で始まったサービスなので、認知度で言えばナンバー1。「オリンピックのスタッフ研修に関わっているサービス」と言えば、どれほど知名度が高く信頼できるサービスかが分かるでしょうか。

そして、このサービスの特徴を一言で表現するなら「オールインワン」という一語に尽きるでしょう。このサービス1つで、

  • 日常英会話
  • ビジネス英会話
  • TOEIC対策
  • ライティングスキル

これら全てが行えてしまうため、非常にコスパに優れているのが嬉しいポイント。他のサービスでも上記に対応しているものはありますが、そのほとんどが追加料金を取られます。しかしEFイングリッシュライブは7,900円で固定ですから、ユーザーからすればありがたいですよね。

世界中で支持されている点は間違いなく評価できるので、最も信頼できるオンライン英会話を利用したい方にはおすすめですよ!

11位:Kiminiオンライン英会話

kimini英会話公式サイト画像

引用:Kiminiオンライン英会話公式サイト

サービス名 Kiminiオンライン英会話
会社名 株式会社Glats
月額料金 5,480円

Kiminiオンライン英会話は学研が後ろにいる英会話サービスで、学研の書籍をオンライン英会話用にアレンジした各種レッスンが人気の理由となっています。

中でも学研の超人気書籍「絵で見てパッと言う英会話トレーニング」を用いたレッスンでは、初心者でも取っつきやすいレッスンが非常に好評。まさに「0から始める」という方には強くおすすめしたいサービスになります。

絵を用いて視覚的に英会話を学べる書籍となっているので、子供から大人まで幅広く使われているテキストで、一歩一歩成長していってみてはいかがでしょう?

一方で、講師はフィリピン人がメインということで、やや多様性に欠ける点が気になります。ネイティブ講師や日本人講師の存在を求める方には、他のサービスがおすすめですね。

12位:ジオスオンライン

ジオスオンライン英会話公式サイト画像

引用:ジオスオンライン公式サイト

サービス名 ジオスオンライン
会社名 株式会社GEOS
月額料金 7,980円

こちらの「ジオスオンライン」というオンライン英会話は、NOVAと提携しているサービスということもあり、低価格・高品質を掲げたなかなかに強気なサービスとなっています。

まあ後ろに英会話最大手のNOVAが付いてますから、その質については高いとみて間違い無いでしょう。各講師はNOVAの厳しい研修をクリアした人材であり、レッスンに用いる教材もNOVAと同じものなので、7,980円という低価格ながら英会話スクール水準のレッスンを受講可能。素晴らしいサービスですよね。

また、英会話スキルが上達しなければ「キャッシュバック」される制度を設けており、かなりの自信がうかがえます。価格帯としてはミドルクラスで、相場より3,000円程度高くなっている点をどう評価するかで、大きく変わってくると思います。

13位:産経オンライン英会話

産経オンライン英会話公式サイト画像

引用:産経オンライン英会話公式サイト

サービス名 産経オンライン英会話
会社名 産経ヒューマンラーニング株式会社
月額料金 5,980円

産経新聞などでおなじみの産経関連の会社「産経ヒューマンラーニング」が提供するオンライン英会話サービスも、人気のサービスの一つです。なんといっても新聞などでの強気な広告戦略があるので、認知度はかなり高く利用者も多くいらっしゃるサービスとなっています。

講師はフィリピン人をメインに雇用しており、用意されている教材についても標準的。価格も相場より若干高めということで、総じて標準的なサービスと言えるでしょう。これといった決め手を欠きますが、大手が運営しているという安心感が何よりも大きいですよね。

オンライン英会話は新規参入が激しいジャンルのサービスなので、そういう意味では大手運営という点は一つの強みとして考えることもできます。

14位:クラウティ

クラウティ公式サイト画像

引用:クラウティ公式サイト

サービス名 クラウティ
会社名 株式会社学研プラス
月額料金 4,500円

「英会話はシェアする時代」というキャッチコピーで攻めるサービスが、こちらの「クラウティ」というオンライン英会話になります。シェアというワードからもわかると思いますが、このサービスは家族とアカウント共有ができる、唯一と言っても良い特徴を備えたサービスです。

オンライン英会話を実際に利用した筆者なら痛いほどわかるのですが、このサービス、めちゃめちゃ最高です。何が最高って、どこのサービスでもスタンダードなプランである毎日1回プランって、結局毎日やらないんですよね・・(笑)なので、その余ったところで家族と「シェア」できるのは非常に効率的なシステムだと思いますよ。

単純に考えて、2日に1回しか利用しない人間が2人でシェアすれば、一人当たり半額でサービスの利用ができることになりますからね。例えば夫婦で、例えば親子で、例えば兄弟で・・、なんて組み合わせはたくさんあるので、この辺りはうまく考えたなあと感心せざるを得ませんね。

学研がバックについたサービスとなっているので、教材は全て学研が作成したものを使用します。また、レッスンルームについてもSkypeではなく学研が作成した専用アプリになるので、全体的な質は高めです。講師もオフィスに在勤ということなので、かなり魅力的なサービスですよ!

15位:キャンブリー

キャンブリー公式サイト画像

引用:キャンブリー公式サイト

サービス名 キャンブリー
会社名 Cambly Inc.
月額料金 19,490円

こちらのキャンブリーというオンライン英会話は、「高価格・高品質」をモットーに運営しているサービスになります。相場の5,000円のおよそ4倍という非常にゴージャスな価格設定となっていますが、その理由の大部分は「講師の全員がネイティブ」という点に尽きるでしょう。

フィリピン人の講師が悪いというわけではないのですが、正統な英語を学びたいならやはりネイティブから学ぶのが一番ですからね。オールネイティブというキャンブリーの特徴は、ありそうでなかったオンライン英会話の盲点を突いています。

また、キャンブリーではレッスン風景を録画し、あとで見直すことができるので、復習する際の効率が段違い!自分の発音のレビューは会話力向上に不可欠なので、独自のサービスで付加価値を作り出すことに成功していることがうかがえます。

ただ、やはり価格が価格なので万人にオススメはできないのがホンネではあるのですが、ネイティブ講師在籍の英会話スクールに通うと思えばお釣りがくるどころの話ではありません。圧倒的に安く上がるので、ネイティブ講師にこだわりたい方には強くおすすめしたいサービスですよ!

16位:ラングリッチ

ラングリッチ公式サイト画像

引用:ラングリッチ公式サイト

サービス名 ラングリッチ
会社名 株式会社ラングリッチ
月額料金 6,000円

こちらのラングリッチは、毎日1回のオンラインレッスンが受講できるのはもちろんのこと、毎日1本までオリジナル動画による自習ができるという「自習環境の整備」というユニークな特徴を有しています。

動画による自習の何が良いかって、スキマ時間を有効に使える点ですよね?英会話は会話ですから、相手が話せば当然自分も話さなければいけません。そうなるとレッスンを受ける時間は限られてしまい、結局「今日はいいか・・」ということが続いてしまい、続かなくなってしまうのです。

しかし、ここに動画による自習が加わると、例えば通勤中の電車でスマホで自習をしたり・・、といったことが可能になり、英語に触れる時間をより長くすることができます。

こうなればもうこっちのものです。どんどん上達していき、上達していくに従ってもっと話したくなる。これが動画による自習で期待できる効果になります。

ありそうでなかった動画コンテンツという特徴を、ラングリッチで味わってみてはいかがでしょう?無料体験で詳細を見てみましょう!

17位:hanaso

hanaso公式サイト画像

引用:hanaso公式サイト

サービス名 hanaso
会社名 株式会社 アンフープ
月額料金 5,980円

こちらの「hanaso」というオンライン英会話サービスも、最近になって人気を出しているサービスになります。このサービスの特徴は講師の教育にあり、研修段階でレッスンで使用できる日本語を習得させているため、レッスン中の安心感が段違い!

理想を言えば日本人講師が欲しいところではありますが、月額5,980円という価格なら人件費の観点から仕方ないですよね。その分を教育で賄おうとする企業努力は賞賛に値します。

また、教材を「世界一わかりやすい英会話の授業」の著書であり、スタディサプリというオンライン予備校の人気講師「関先生」が監修しているため、教材のクオリティは随一です。

ここまでやって5,980円ということで、正直かなりお得ですね。教育された講師による完成された教材を用いた授業、ぜひ無料体験で試してみてください!

18位:English for Everyone

English for Everyone公式サイト画像

引用:English for Everyone公式サイト

サービス名 English for Everyone
会社名 株式会社English for Everyone
月額料金 52,000円

月額料金を「52,000円」というオンライン英会話の中では最高レベルに設定しているのが、こちらの「English for Everyone」というサービスになります。

相場のおよそ10倍ということで、正直非常に高いサービスですが、その魅力は「オンライン英会話を超えたオンライン英会話」という点に尽きるでしょう。

まず月額料金がこれほど高い理由についてですが、講師がネイティブであることは前提として、週に1度対面、もしくはSkypeによるマンツーマントレーニングを50分行うことが、高価格の理由になっています。このトレーニングでは、単に英会話を行うだけでなく、

  • 発音の方法
  • 息遣いのチェック
  • 日本人の苦手なアウトプットの概念的な指導

このような、かなり踏み込んだ指導をしてくれる内容となっているので、オンライン英会話というよりは「オンライン型英会話スクール」という表現の方が適切かもしれませんね。

筆者が知る限りはサービスの質としては最も高くなっているので、「お金はどうでもいいからとにかく英語が話せるようになりたい」という方には、強くおすすめしたいサービスになります

19位:vipabc

vipabc公式サイト画像

引用:vipabc公式サイト

サービス名 vipabc
会社名 VIPABC(ブイアイピーエービーシー)株式会社
月額料金 190,000円
(90日分料金を60日に換算)

こちらのvipabcというオンライン英会話サービスは、「vip」という名前にそぐわない、出来るオトナが利用するサービスとなっています。月額料金はなんと(1日1回ではなく無制限の受講可能で)190,000円、このサービスだけ桁が1つ違う、まさに桁違いな価格設定です。

まず講師が全員ネイティブなのは当然として、さらに講師全員がTESOLという「英語が母国語ではない人間の指導力を問う資格(試験)」を突破しているので、講師の質は折り紙つき!さらには語学プランナーによるスケジュール作成、さらには各種サポートサービスの充実などなど、他のオンライン英会話では実現できないものが軽々実現されているので、流石の筆者も驚きです。

ただ・・、この価格設定なら英会話スクール行った方がよくね?と思ってしまうのは筆者だけではないはず。というか、そもそもこんな金額払えないという方も多いと思うので、人は選びそうなサービスです。

20位:COCO塾オンライン

COCO塾オンライン公式サイト画像

引用:COCO塾オンライン公式サイト

サービス名 COCO塾オンライン
会社名 株式会社 ニチイ学館
月額料金 15,360円
(16回分料金を2倍して換算)

COCO塾は国内でも有数の英会話スクールですが、オンライン英会話も運営しています。月額料金が1ヶ月毎日プランが用意されておらず、代わりに16回で7,680円という代替プランがあります。1ヶ月に換算すると15,000円程度ということで、やや割高な感が否めません。

講師についてはほぼ全員がマニラのオフィスに在籍していることが確認できたので、ほとんどがフィリピン人講師の方がだと見て間違い無いでしょう。

教材やレッスンのやり方が英会話スクールCOCO塾のものを利用できるというのは付加価値として評価できますが、1万円を超えてくる価格設定ならネイティブ講師が欲しかったですね。

ともあれ、英会話スクールの運営という点はかなりのプラスポイントなので、長年の経験に裏打ちされた高いサービス水準を求める方には、COCO塾オンラインがおすすめですよ!

まとめ

というわけで、この記事ではおすすめのオンライン英会話サービスについてランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたか?どのサービスにも強みがあって、比較するのもなかなかに面白いものです。

自分のニーズに合ったサービスを選ぶと失敗しにくいですから、この記事に書かれていることを参考にしてみてくださいね!自分に合ったサービスを選ぶことができれば、より充実した英語学習ができるようになるはず!

この記事が、皆さんのお役に立てれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です